長時間、人と一緒にいると疲れる 〜 HSPな私が一人の時間を作るためにやってること

まみたす

こんにちわ、まみたす(@mami_mumemoooo)です。

突然ですが、私は「HSP(Highly Sensitive Person)」です。

MEMO

HSP(Highly Sensitive Person)とは、生まれつき刺激に敏感で、周りからの刺激を過度に受け取ってしまう人のことを指します。

[参照] https://kiraku-infomation.com/hsp-highly_sensitive_person/

HSPの私は、感受性が高く、いろいろな観点で物事を考えてしまうので、長い時間、人と一緒にいると疲れちゃいます・・・。

今回はHSPな私が「一人の時間を作るためにやってること」を書きます。

大前提、周りの方にお伝えしたいこと

相手のことが嫌いな訳じゃないです。好きだから一緒にいます。

長時間、人と一緒にいるのが苦手、という性質なだけです。

それだけは、私の周りの人すべてにお伝えしたいです><

共通してやってること

HSPの私がいついかなる時も共通して「一人の時間を作るためにやってること」は以下です。

  • 理由を言う
  • 「トイレ行ってくる」「タバコ吸ってくる」と1人の時間を過ごす
  • 「一匹狼」キャラを目指す

「理由を言う」がベストですね!言える人には言うようにしています。

そして、このように積極的に一人の時間を作っていると、自然と「一匹狼キャラ」になりますw

まみたす

他人とずっと一緒にいるのが無理だから「結婚できない」と思っていましたが、理解ある旦那さんに出会えて結婚できました。

職場やプライベートの大勢の飲み会の時

「慣れてる人」や「少人数の飲み会」はまだ疲れづらいですが、大勢の飲み会はめちゃくちゃ疲れます。

早く1人になるために、私がやっていることは

  • 帰り道まで一緒にならないよう「トイレに行って帰ります」と言って、サッと解散する
  • そもそも、飲みに行かないキャラ作りをする

飲み会のお誘いも何回か断ってると誘われなくなりますw

まみたす

飲み行くなら基本は2人、MAX3名が私の理想です。

友人や彼氏(旦那)と出掛けた時

相手のことを嫌いな訳じゃないので、相手にマイナスな印象をつけないように自然にやります。

  • 「あっち見てくる」と姿を消す
  • 用事がなくても「用事がある」と言って宣言する
  • 仮病を使う

まとめ

ここまで書いていると「ちょっと自分面倒くさいな」と思ってしまいましたがw、仕方ないです。本音です。

学生時代や趣味のマーチング等、「集団行動」がすごく苦手だと思っていました。

「集団行動が苦手」と言っても、案件や部活等、目的が明確で達成するために一緒にいる時間は苦ではありません。

また、集中している時の生産性が高いことは自信があります。

他のHSPの方に「一人の時間を作るためにやっていること」をお聞きしてみたいものです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です